ドーピング違反!の記事を書くのはシビアになるけどコレだけはどうしても

ショッキングなニュースが入ってきました。

夏の「打越練習会」でご一緒させていただいた、サイラス・ジュイ選手(埼玉陸協)が、

興奮作用のある禁止物質「メチルエフェドリン」の使用により8か月の資格停止処分を受けたというニュース。

 headlines.yahoo.co.jp 
表示できません - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000045-mai-spo
スポンサーリンク

ドーピング=批判の対象 という考え方は止めよう!!

正直、なんてコメントしてよいのか分からないニュース。

一緒に写真を撮らせてもらったし、トレーニングに対する熱い気持ちも知ることができた。だから同情している気持ちもあるんだろうけど、それだけじゃなく、こういうときに『ドーピング=悪』だと騒ぐのは、やっぱり違うと思う。

禁止物質の利用があった場合、通常は数年~4年という資格停止が科せられる場合が多いのですが、今回は8か月。

その理由として、記事中にある

JADAによると、同マラソンの検査で興奮作用のある禁止物質「メチルエフェドリン」が検出された。大会前に鼻づまりなどの症状があり、服用した市販の風邪薬に含まれていたという。

これがすべてを物語っています。

JADAでは、資格停止処分に至るまでに、かなり詳細に事実関係を調査します。悪意はあったのか?禁止物質を摂取することで、金銭的なメリット、名誉的なメリットはあったのか?等々。

それら、客観的な根拠に基づいて「禁止物質の摂取は悪意ではなく過失である」と認定されたからこそ、8か月という”比較的”軽い処分になった・・と考えるのが普通でしょう。

(もちろん、トップ選手にとって8か月の資格停止が、苦しい時間であることは重々、承知していますが・・・)

もう一度言います。

ドーピング=悪 という短絡的な考え方は止めよう。

トップ選手として、禁止物質が入った風邪薬を飲んでしまったという「過失」を再発させないための「反省時間」を与えられ、選手は再起するんです。

幸い、Yahooニュースのコメントが好意的なものが多くて安心しました。

復帰は来年の北海道マラソンあたりかな??また元気な走りを見せてほしいと思います!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひ、フォローしてください^^

ブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ