第4回オトナのタイムトライアル5000mを走ってきた

s-KIMG0442

先週、働きすぎたので本日はお休みを戴いています。

28日(日)から4月2日(土)まで毎日、無駄な残業代を払わせてしまいながら深夜まで働いていましたので、精神面のメンテナンスという意味でも、こういった休暇はちゃんと申請して取得することが必要です。

社畜じゃありませんからね。笑

ところで、昨日は大人気トラックレースとなった「オトナのタイムトライアル」に出場しました。

 citymarathon.jp
ページが見つかりませんでした – Citymarathon.jp
http://citymarathon.jp/archives/2248
スポンサーリンク

5000m結果

17分03秒
3分24 →3分26 →3分27 →3分28 →3分18

OTTでは、400m毎のラップを電気計測してくれます。
41 -82 -80 -81 -84 -83 -83 -83 -84 -83 -81 -81 -77

うまく走れたと思う!

板橋シティマラソンから一週間何もせず、もう一週間で突貫工事して臨んだOTTでした。

シーズンラストのマラソンが終わって、一週間何もしなかった
シーズン最後となった板橋シティマラソンが終わり、早いもので一週間。 この一週間、トレーニングらしきものは全くやりません...

今の時期、マラソンの疲労を残さずにトラックシーズンに入ることが一番重要なので、今日の結果は17分30かかっても良いや!くらいの気楽な気分でした(現に、午前中花見してるし・・w)。

走り出しから、板橋シティマラソンの時のように「とにかく余裕を持って。確実に5000m走れるペースで、ラクにラクに。」という意識だけで前に付いていきました。

ピッチを落とさず、体重をしっかり脚に乗せて走れば、脚が終わることは無いことを、マラソンシーズンで学んだので、その通り丁寧に走ったら、4000mまで全く苦しさなく進めました。

ただ最後諦めなければ16分台が出せた・・

最後の400m。15分46秒で通過。。ここで、16分台を諦めちゃったんですよね。

それだけが反省点です。

ラストラップ73秒だったら、これだけ余力があれば行けるはずなのに、、今の自分にはまだスピードが足りていないと、勝手に決めつけて「17分10が切れるからOK」などと考えてしまったことは、このレース唯一最大の失敗でした。

これからのトラックシーズンで巻き返しを図ります。

1500m4分30と、5000m16分30を!

レース予定

4/17 東日本国際親善M(ハーフ)
4/23 日体大記録会 1500m(+800m?)
4/29 横浜駅伝
4/30 クラブ対抗?5000m
5/14-15 日体大記録会
5/22-23 相模原市民選手権

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひ、フォローしてください^^

ブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ